トップページ > 出向と残業代

 

 

出向と残業代について

出向といった特殊な雇用形態をしているが故に、労働者に残業代が支払われないというケースは決して少なくありません。

 

「出向した先の会社の定時は17時なのに18時を過ぎるまで残業代が出ないのはなぜなのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

親会社から子会社への出向や、所属する建設会社から現場監督として派遣先に出向したりと、個人によって大きく異なるはずです。

 

そのため、一概には説明できないものの、出向元と出向先での労働契約に違いが生じており、残業代が支払われないという事態になっているのではないでしょうか。

 

そこで、残業代をしっかりと貰うためにも、今一度出向元と出向先での労働条件の違いについて調べておくべきです。

 

そして、必要に応じて残業代の未払いを請求する必要があり、これは労働者の権利の一つだと説明できます。

 

ただし、労働時間になる範囲は使用者の指揮命令下に置かれている時間かどうかで決まるため、朝礼や掃除のために始業時間よりも前に来ることを義務付けている会社であれば、これも労働時間に値するので残業代は支払われないというわけです。

 

後片付けの時間も義務的なものであれば労働時間となりますし、上記の例で説明すれば、定時の17時から1時間の18時までも労働時間と出向先の会社が定めていると考えられます。

 

また、これは出向先の会社に限った話ではありませんが、残業代を請求するためにはきちんと残業した時間を証明しなければなりません。

 

会社に残業代の未払い分を請求した際に大きな障害となるのがその時間を証明する方法で、曖昧な記憶で「大よそこのくらい働いた」というように請求することはできないのです。

 

残業時間を一日ごとに正確に証明しなければならず、真っ先に頼りになるのはタイムカードなのではないでしょうか。

 

タイムカードを取り入れている会社であれば、個人がどの程度の時間に渡って働いたかの証明となるため、会社に残業代を請求できます。

 

とは言え、現代ではサービス残業が当たり前の時代となっており、出向先でサービス残業を強いられるケースはあるはずです。

 

「経営者や担当者に法律の知識がない」「残業代が無駄なコストと振りかざしている」「どの会社もやっているから当たり前と思っている」などがサービス残業がなくならない大きな理由となっております。

 

本来は違法であるサービス残業も、とあるアンケートによると3割以上が肯定派となっており、不景気の中で止むを得ない状況が多いからかもしれません。