トップページ > 出向中の転職を不利にしない方法

 

 

出向中は転職で不利になりやすいの?

近年では20代や30代を中心に、転職する方が増えています。

 

一昔前は転職する人は意外と少なく、「一度勤めた会社で定年まで働く」といった考え方が主流でした。

 

しかし、今はより良い職場を求めて転職を繰り返すのは至って普通で、どんな理由で退職や転職を希望している人が多いのか見ていきましょう。

 

 

・経営者や上司の仕事のやり方が気に入らなかった

・いつまで経っても給料や年収が上がる見込みがない

・残業や休日出勤など労働環境が著しく悪い

・職場の人と良好な人間関係を保つことができない(セクハラやパワハラなど)

・キャリアアップやステップアップを考えている

・会社の経営方針や経営状況が変化した

 

 

ポジティブな理由からネガティブな理由まで様々ですね。

 

そこで、出向中の転職で不利になりやすいのかどうか疑問を抱えている方は少なくありません。

 

グループ企業があるような大きな会社では出向と呼ばれる人事異動が多く、次の2種類に大きく分けることができます。

 

 

・出向元を退職して別の会社へと新たに入社する「転籍出向」

・出向元の企業の身分を残した状態で別の会社で働く「在籍出向」

 

 

転職に関して説明すると、転籍出向は不利になりやすい要素ですので注意が必要です。

 

在籍出向であれば身分は元の会社に残したままですし、20代の若い社員のスキルアップが目的で別の会社に出向させるケースもあります。

 

一方で転籍出向の場合は左遷と同じ意味合いとなりますので、「この人は何か問題があって左遷されたのでは?」「もしかしたら仕事ができない人間なのでは?」と採用担当者が考えて転職で不利に働きやすいイメージです。

 

出向中の転職を不利にしない方法はこれだ!

出向中だからといって、他の会社や企業に転職できないわけではありません。

 

現在では自分で求人情報を探す転職サイトだけではなく、入社から退社まで幅広くサポートをしてくれる転職エージェントサービスが登場していますので、昔と比べて転職しやすい時代となりました。

 

しかし、出向の種類によっては転職活動で不利に働きやすいのは紛れもない事実ですよ。

 

そこで、以下では「どうすれば転職の成功率を高められるの?」と悩んでいる方のために、出向中の転職を不利にしない方法をまとめてみました。

 

 

・実質的なリストラの転籍出向ではなく、在籍出向を命じられたことをきちんと説明する

・親会社で自分が残した貢献や成績を具体的な話を交えてアピールする

・出向元や出向先の会社で特に素行に問題がなかったことを伝える

・子会社への出向ではないので左遷とは違うことを分かりやすく説明する

 

 

「左遷ではなく出向です」と面接官に伝えていれば、それだけで切られてしまう心配は一切ありません。

 

採用活動を行っている企業は、自分たちの会社で少しでも長く働ける優秀な人材を探しています。

 

つまり、本当に入社させても問題がないのかアラを探すような形となりますので、出向中で転職活動を行う人は出向に対して何かしら突っ込まれることを覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

とは言え、対応や説明の仕方さえ間違っていなければ転職活動は上手くいきますので、「自分はこの会社で働き続けるしかないのか・・・」と諦めないでください。

 

出向前に転職活動を行うのも選択肢の一つ!

もし転籍出向を命じられてしまったら、出向前に転職活動を行うのは選択肢の一つですよ。

 

仮に左遷による内示だと理解していたのであれば、出向後だとその事実を面接官に伝えなければなりません。

 

しかし、出向前に辞めることを伝えて転職活動に取り組んでいれば、次のように少しは有利に働きます。

 

 

・職務経歴書に出向の事実を記載しなくても良い

・採用面接で「なぜ出向を命じられたのですか?」といった質問がない

・出向が左遷だという事実を伝えなくても問題ない

 

 

もちろん、出向は途中で話がこじれたり会社都合で退職の形が変わるケースが多いので、転職活動を始める前にきちんと上司に確認しておいてください。