トップページ > 出向と転籍

 

 

出向と転籍の違いについて

出向.COMで説明致しましたが、出向は在籍出向と転籍出向といったように分けることができ、大きな違いがあります。

 

転籍出向は移籍出向とも呼ばれることがあるのですが、これらをまとめて出向と呼ぶ方が多いのです。

 

在籍出向では雇用関係は出向元と出向先の双方にあり、「子会社や関連会社への援助」「出向者のスキルアップ」「雇用調整」「中高年者に対するリストラ」といった目的で命じられます。

 

全ての労働条件が出向先に移転するというわけではなく、出向元との労働関係も継続しているような状態を指すのです。

 

賃金に関しては契約によってどちらかが支払うという形となっていることが一般的ですが、較差補てん金という形で給与が支払われる場合もあります。

 

一方で、転籍出向は、出向元の労働契約が全てなくなることを指します。

 

つまり、分かりやすく説明をすると、今までの会社を辞めて出向先の企業へ入社することになるのです。

 

出向元との労働契約はなくなるので、賃金に関しても出向先の条件によって設定されることとなります。

 

同じ出向であったとしても、このような違いがあるのです。転籍出向を労働者へと命じる方法は、2つあります。

 

一つ目は、労働者の同意を経て出向元との契約を解約し、出向先の企業と契約を締結させる方法です。

 

この場合は、双方について労働者の同意がなければなりません。

 

もう一つの方法は、出向元と出向先との間で、労働契約上の使用者として地位を譲渡するという方法です。

 

この場合においても、個別同意が必要不可欠であると言われております。

 

つまり、在籍出向の場合は個人の同意は必要ありませんが、転籍出向の場合は同意書が必要になるのです。

 

以上のような違いが在籍出向と移籍出向にはあるので、混同しないようにしましょう。

 

出向と転籍別の退職金の支払いについて

もし在籍出向をしたという場合は、退職金の支払いは出向元と出向先の話し合いによって決定します。

 

一般的には、出向者に対して支払うだろうとされる退職金を出向先の企業が出向元の企業に支払う形となっております。

 

一方で、転籍出向の場合は出向元との労働契約は終了したと考えられるので、出向前に本人に支払うという形になっているのです。

 

また、転籍出向時に出向元の企業が出向先の企業へと退職給与負担金という形で支出するという場合もあります。

 

この方法に関しては、出向元の企業が負担する金額として合理的に計算がなされていないと、贈与の問題が起こるので十分に注意しなければなりません。