トップページ > 出向は昇進の妨げになる?

 

 

出向は昇進の妨げになるの?

「もし出向を命じられてしまったら昇進の妨げになるのでは?」とイメージしているサラリーマンはいませんか?

 

確かに、一昔前から出向は事実的なリストラとのイメージが多く、「昇進や出世の道が閉ざされてしまう」と考えている方はいます。

 

昇進できなければ年収を大きくアップさせることはできないので、由々しき問題であることは事実ですね。

 

そもそも、会社や企業がどのような目的で人事異動を行うのか理由を見ていきましょう。

 

 

・社員一人ひとりの適材適所を考えて仕事の新しい視点を得る

・仕事のスキルを幅広く持って成長してもらう

・同じ部署での仕事によるマンネリ化を防ぐ

 

 

出向も人事異動の一種と言えますので、社員の成長が目的で命じることもあります。

 

つまり、あなたの将来性に期待して出向を命じて別の会社で働かせるケースも十分にあるため、「出向=昇進の道が閉ざされた」とは一概に説明できません。

 

むしろ、出向は自分が昇進するチャンスで、その理由を以下では幾つか挙げてみました。

 

 

・従来のエリートコースとは言えないキャリアを歩んでいても自分の経験にマイナスにはならない

・10年単位の時間軸で戦略を形成できる人物の育成で出向を命じるケースがある

・出向先の企業でマネジメントを通じて自分の成長を図ることができる

 

 

子会社に出向する場合は、マネジメント業務を中心に責任のあるポストを与えられることがたくさんあります。

 

新しい環境で仕事ができるだけではなく、マネジメント経験を得て自分のスキルアップに繋がることができますので、新たなキャリア形成としても効果的ですよ。

 

元の会社に戻って大きな仕事を任せられることも多く、出向はそこまで悲惨な人事異動ではないと心得ておきましょう。

 

昇進するために必要なことは?

同じ会社に所属している人も出向を命じられた人も、同じように昇進や出世のチャンスがあります。

 

「もう自分は会社から必要とされていないからダメだ・・・」と諦めていては前に進むことはできないので、ポジティブな姿勢で業務に取り組まないといけません。

 

もし自分が昇進できないのであれば、出向が原因ではなくあなたに問題が潜んでいる可能性があります。

 

そこで、まずは昇進できない人に共通する特徴を幾つか見ていきましょう。

 

 

・不正直で不誠実で仕事のために嘘をつくことがある

・言い訳や言い逃れが多くて自分の間違いを認めようとしない

・時間やお金にルーズで人間としてだらしない

・コミュニケーション力が低くてチームプレーが苦手

・与えられた仕事しかやらない指示待ち人間

 

 

「流石にこれじゃあ昇進は難しいよね~」と感じるような人が多いですね。

 

自分の利のために嘘をついたり時間にルーズだったりと、周りの同僚や後輩から信頼されないような人は昇進のチャンスを逃してしまいます。

 

逆にどうすれば昇進して年収をアップさせることができるのか、必要なことについて以下ではまとめてみました。

 

 

・人懐っこい性格で上司から好かれている(評価が高い)

・論理的思考で仕事や業務に取り組んでいる

・MBAやマーケティングなど特定の専門性を持っている

・人の話を最後まで聞く素直さを持っている

・どのような状況下でも冷静に対処できる

 

 

ビジネスマンとしての価値を高める努力をしていれば、昇進や出世のチャンスはあります。

 

上司からの評価を上げたりスキルアップのために努力したりしていれば、ほぼ左遷と同じ出向を命じられることはありません。

 

確かな結果を残しているのにも関わらず出向を命じられた人は、リストラではなくあなたの成長やスキルアップが目的ですので、「絶対に昇進できない」と言い切ることはできないのです。

 

人生は昇進が全てではありませんが、華やかな生活を送りたい人は自分が出世するために何が足りないのかゆっくりと考えてみてください。