トップページ > 出向中に産休は取れる?

 

 

産休とは?いつからいつまで取れるの?

仕事と育児の両立を目指している女性であれば、産休についてある程度の知識を得ておかないといけません。

 

そもそも、産休とは出産の前後においてとる休業の期間を指し、女性の従業員に産休を取らせるのは会社の義務と決められています。

 

具体的にどのような仕組みで産休という制度が出来上がっているのか、大まかに見ていきましょう。

 

 

・出産予定日の6週間前に取る「産前休業」と出産の翌日から8週間の「産後休業」の2種類に大きく分けられる

・出産してから8週間の期間はいかなる理由でも働くことができない

・正社員はもちろんのこと、契約社員や派遣社員など誰でも取ることができる

 

 

「自分は派遣社員だから産休を取ることができないのでは?」「産休を取れないなら仕事を辞めるしかないのでは?」と考えている女性はいませんか?

 

しかし、従業員に産休を取らせるのは会社の義務で、法律でしっかりと定められていますよ。

 

「あなたは派遣社員やパートだから産休の制度を取ることはできません」と従業員に伝えることは絶対にできないのです。

 

もちろん、勤続年数による縛りも特にありませんので、産前休業や産後休業を取ることはできますので安心してください。

出向中に産休は取れるの?

今働いている会社で産休を取りたいのであれば、上司にその旨を伝えるだけでOKです。

 

しかし、別の会社に出向している女性の場合、果たして産休を取れるのかどうか悩んでいるのではないでしょうか。

 

出向中は出向先の企業で働く形になりますので、長期休暇を取得できるのかどうかは気になるところです。

 

結論から言うと、出向中の女性でも出向元との間に雇用関係が継続しているため、産休や育児休業を取得できます。

 

出向の契約上は勤務時間や退職などの事項によって規則が微妙に変わりますので、どのような仕組みになっているのか簡単に見ていきましょう。

 

 

・出向者の勤務時間、休憩、休日、休暇などの勤務条件に関しては出向先の規則に準ずる

・出向者の退職、解雇等の地位に関する身分上の事項は出向元の規則に準ずる

 

 

産休は勤務条件に関する内容になりますので、出向先の規則に準じて取得できるわけです。

 

ただし、出向社員が何かしらの原因で仕事の長期休暇に入る場合、出向の目的を果たすことができませんので一度出向元に復帰させる形になります。

 

「様々な理由で出向を命じられる」⇒「産休を取得する場合は一度出向元に戻る」⇒「産休を取得して育児に精を出すことができる」⇒「産休から復活する時は新たに契約する」という流れですね。

 

産休は何度も取得する長期休暇ではありませんので、「面倒だな~」「分かりにくいな~」と感じている方は多いのではないでしょうか。

 

その気持ちは十分に分かりますが、正社員でも出向社員でも育児休暇を取得できる点では一緒です。

 

この点に関しては出向していても同じですので、直属の上司に相談してみてください。

 

産休や育休の取得を理由に出向を命じられることはある?

ブラック企業に限らず、未だに産休や育休の取得を理由に出向を命じられたり配置転換をさせられたりするケースはあるようです。

 

もし、産休を理由に会社が降格や配置転換を命じるのが許されるとすると、女性は安心して就労することができません。

 

それに、無理をして働けばお腹の中の赤ちゃんにも悪影響が及びますので、この問題はきちんと考える必要がありますよね。

 

結論から言うと、産休(産前休業)や育休(産後休暇・育児休業)の取得は法律上で認められていますので、長期休暇を取りたいと会社に伝えるだけで出向が命じられることはありません。

 

産休や育休の取得は労働基準法で定められた従業員の正当な権利ですので、産休や育休を認めない行為は犯罪です。

 

自分の勤めている会社で育休を取らせてもらえないのであれば、会社に内容証明郵便で申入書(通知書)を送付しましょう。