トップページ > 親会社への出向

 

 

親会社への出向について

一般的に出向と聞くと、親会社から子会社へと出向するパターンが多いと思うかもしれません。

 

確かにこれは間違っているわけではなく、雇用調整の一環として親会社から子会社への出向は多くなっております。

 

余剰社員を子会社へ出向させたり、関連会社で働かせるというのが一般的ですが、これは事実上のリストラであると考える方が多いです。

 

しかし、解雇とは違って、その従業員には働く場所が用意されているので、リストラとは言えないのではないでしょうか。

 

とは言っても、親会社から子会社へ出向となり、元に戻れないとなるとモチベーションは大きく下がるかもしれませんが、ここで踏ん張らなければ解雇される可能性はあるわけですから、努力が必要です。

 

多くの方がイメージする親会社から子会社への出向はこのようになっておりますが、必ずしもこのパターンだけではありません。

 

経験を積んだ中高年の社員を子会社の管理職などに出向させて、その会社で今まで得たノウハウを生かして経営に当たらせる場合もあります。

 

子会社へと出向になるものの、役職は上がる可能性が高いので、これはリストラだとは言えないと思われます。

 

さて、以上が親会社から子会社への出向ですが、親会社へ出向するという場合は、研修の可能性が高いです。

 

最終的には、また子会社に戻る可能性が高くなっておりますが、親会社での仕事の進め方や知識などを得て、それを子会社で展開してもらうことが目的で、親会社へと出向させます。

 

このメリットは、別の視点で仕事を学べるということと、子会社では得られないようなスキルを身に付けられるということです。

 

もちろん、親会社でしっかりと仕事をこなすことが大前提なのですが、自分のスキルアップに繋がるというだけではなく、子会社の中で一目置かれる存在となることは間違いありません。

 

親会社とコネクションができているので、仕事を進める時に顔となるところもメリットの一つであると説明できます。

 

親会社への出向はメリットだけだと思うかもしれませんが、デメリットはあります。

 

子会社での役職がどのようなものか人によって異なると思われますが、役職の付いている人間が親会社に行ったとしても、新人や平社員扱いとなるのです。

 

これは仕方のないことかもしれませんが、年下の人間にあごで使われる可能性もあります。

 

しかし、親会社への出向は非常に勉強になるので、そのようなチャンスを生かしてください。