トップページ > 応援勤務の意味を持つ出向

 

 

応援勤務の意味を持つのが出向

出向はサラリーマンと深く関わっており、応援勤務の意味を持ちます。

 

グループ企業間において短期的に応援を行い、通常の事業に携わったり新たなプロジェクトを行ったりと様々です。

 

出向の明確な定義に関して以下では簡単にまとめてみました。

 

 

・従業員が自己の雇用先の企業に在籍したまま他の会社へと応援する

・ケースによっては長期間に渡って働く

・会社が掲示した条件に同意した場合は個別的同意と呼ぶ

・一定の規則や規定を前提に入社することを包括的同意と呼ぶ

 

 

あくまでも大まかな定義であり、出向について法律などは特に設定されていません。

 

他社へと応援して業務をこなす広い意味合いとして「出向」と呼ばれているだけであり、給料や勤務形態など詳細な情報に関しては出向元と出向先によって決まります。

 

出向以外の労働形態には何がある?

労務利用形態は出向を含めると6パターン存在し、出向以外のものについて見ていきましょう。

 

 

労働の結果として仕事を完成させることが目的の「請負」

事務を独立処理することを承諾して契約する「業務委託」

代理店へと指揮命令を受けて業務を行う「店員派遣」

企業間の自由な契約が可能な「労働者供給」(職業安定法第44条で禁止された)

労働者派遣法の規制に従って契約する「労働者派遣」

 

 

難しい内容なので分かりにくいかもしれませんが、応援勤務の出向も私たち労働者が利用される方法の一つです。

 

在籍出向と移籍出向の2種類があり、給与の支払いや提携先の企業などには違いがありますが、原則的には出向を断ることはできません。

 

出向元との雇用関係を継続したまま別の会社へと応援する在籍出向であれば、上司からの業務命令と一緒なので断れないのは何となくお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

以前に出向を断ったことで懲戒免職にされた事例があり、裁判へと発展しました。

 

「今と同じ会社で働き続けたい」「別の会社へと移ってきちんとやっていけるのか分からない」といった不安を抱える気持ちは分かります。

 

しかし、上からの命令で急に出向を命じられるケースはどの民間企業にもあり、会社員として働いている以上は覚悟しておくべきです。

 

とは言え、ネガティブなイメージが強い出向も新人社員を育てる目的で別の会社に異動させるケースもあり、必ずしもリストラの一環ではないので安心してください。