トップページ > 出向の目的

 

 

出向の目的について

出向の本当の目的が何なのか分からないという方は、いらっしゃると思われます。

 

これは企業によって考え方が異なるので、一概には説明できません。

 

つまり、出向元の企業の考え方によって、出向の目的が変わるからです。

 

一般的には親会社から子会社へと従業員を出向させ、その企業の教育目的であると言われておりますが、出向の目的はこれだけではないということが考えられます。

 

確かに、「人材援助型」と呼ばれる出向のタイプがあり、経営戦略の指導のために優秀な社員を送り出すことがあるので、決して間違っているというわけではないのです。

 

しかし、最近では余剰な人員を削減するのが目的で、出向を行っている会社があります。

 

つまり、雇用調整を目的として、子会社に中高年を過ぎた人員をリストラの一環として出向させるわけです。

 

このような目的で行われる出向は片道切符のことが多く、一度子会社に出向したら元の会社には戻れない転籍出向のケースが多くなっております。

 

もちろん、転籍出向は本人の同意がなければ強制することができないので、表向きは在籍出向ということにして、実際には転籍出向だったということも十分にあり得るのです。

 

以上のように雇用調整の一環が目的の出向は聞こえが悪いかもしれませんが、出向社員にとってデメリットだらけになるということはありません。

 

親会社にいた時と比べて賃金が下がる可能性はありますし、役職も下がることはあります。

 

しかし、完全なるリストラではないので、その従業員の働き口をしっかりと用意してくれているのです。

 

出向元の会社からすれば人件費の削減が目的で行われていたとしても、その従業員からすれば働き口があるということは有り難いのではないでしょうか。

 

こういった出向の機会を従業員に与えずに、リストラをする企業はありますから、目的はどうであっても出向が悪いことであるとは言えないと思います。

 

とは言っても、出向を簡単に考えてはいけません。出向先の企業や勤務地によって異なるので何とも言えないのですが、たった1年間の出向であったとしても、出向を命じられた従業員の生活は大きく変わります。

 

それが転籍出向であれば、新しい会社へ転職することになるのですから、何もかもが変わるのです。

 

場合によっては、家族と離れて暮らさなければならない可能性もあります。

 

そのため、出向を命じられたからといって、就業規則に出向についての記載がなければ労働者には断る権利があるので、上司の言いなりにならないように気をつけてください。