トップページ > 出向のメリット

 

 

出向のメリットについて

出向のメリットについて知りたいという方はいらっしゃると思われますが、在籍出向にしろ転籍出向にしろ、メリットはケースバイケースであると説明できます。

 

メリットを論じる上で対象となる身分や賃金、労働時間といったように幅広く、案件対応時と将来の雇用保証についても考える必要があるので、一概に説明するのは非常に難しいのです。

 

そして、従業員にとってのメリットは企業にとってのデメリットとなることもあり、その逆のパターンも考えられます。

 

このように、出向元・出向先・出向社員全てのメリットを期待するのは困難であると言えるのではないでしょうか。

 

様々な要素が考えられるので、ここで記載していることだけが全てではありませんが、当事者別のメリットについて説明していきたいと思います。

 

出向元のメリット

出向元が従業員を出向させるメリットは、余分な人員を解雇せずに整理できるところです。

 

転籍出向はリストラの一環で行われていることが多く、窓際となった中高年の社員を解雇することなく、子会社に出向させられます。

 

さらに、これは出向契約書での取り決めによる部分もあると思われますが、基本的には出向先の企業が従業員の賃金を支払うことになるので、出向元としては人件費の削減になるのです。

 

出向先のメリット

出向先の企業のメリットは、出向元企業とのパイプができるということです。

 

技術指導のために親会社から子会社へと従業員を出向させることは多く、子会社の経営不振を解消できるかもしれません。

 

人手不足で悩んでいるという出向先は、出向元からの出向社員の存在は非常に有り難いと言えるでしょう。

 

それに、自分の会社で求人を出すと、色々なコストが必要となりますが、そのようなコストなしで人手不足を解消できるのが大きな利点です。

 

出向社員のメリット

出向社員のメリットは、解雇されずに済むということです。

 

たとえ、親会社から子会社への異動となったとしても、働ける場所があるということでは何ら変わりありません。

 

役職がなくなったり、地位が下がる可能性は十分にあるのですが、それでもリストラされて働くことができないという事態を防ぐことができます。

 

また、出向の中には若手のスキルアップが目的で行われている場合もあります。

 

つまり、今までとは違う新しい仕事を覚えたり、新しい人脈を作る大きなチャンスとなるのです。

 

出向に良いイメージを持っていないかもしれませんが、このようなメリットもあります。