トップページ > 出向者のメンタル

 

 

出向者のメンタルはどのような感じなの?

「出向者のメンタルはどのような感じなの?」「出向者は精神的な苦痛を感じやすいの?」という疑問を抱えている方はいます。

 

確かに、出向を命じられるのはサラリーマンにとっては屈辱かもしれませんし、下記のように考える人が多いのは事実です。

 

 

・今まで頑張って働いてきたのに全く評価されていない

・自分は会社にとって不必要な人間である

・このまま出向先で一生を過ごすことになるから戻れない

・給料は変わらなくても社会的な地位は低くなる

 

 

このような思考に至ってメンタル面で大きなダメージを受け、うつ病や自律神経失調症といった精神的な病気を患う出向者は少なくありません。

 

実際に、精神的なストレスや肉体的なストレスを抱え、メンタルヘルス不全になった社員は意外にも多いのです。

 

出向先でどのような扱いを受けるかによって異なるので一概には説明できないものの、心療内科や精神科を受診する男性は以前よりも増えました。

 

もし、メンタルヘルス不全になった原因が出向先の企業にあるのならば、安全配慮義務違反の責任を問われる形となります。

 

同時に出向元も同義務を背負っていると考えられるので、出向先と同じように罰せられる可能性があるのです。

 

企業は労働者が快適に働けるような環境作りを意識しなければならず、この点に関しては出向元も出向先も同じように言えるのではないでしょうか。

 

出向を命じられた社員でも労働者という点では一緒ですし、法律によってきちんと守られているのです。

 

このように聞くと、出向を命じられたらヤバいと感じる人が多いかもしれません。

 

しかし、出向は何もネガティブなイメージのものではなく、新人社員の教育のために別の企業へと派遣させるケースがあります。

 

それに、出向先の社員を鍛え上げる目的で優秀な人に出向を命じることもあり、必ずしもショックな出来事というわけではないのです。

 

「自分は会社から期待されている人材なんだ」と思うことができれば、メンタル的にも安定するのではないでしょうか。

 

もちろん、リストラの一環として出向が命じられることもあり、メンタルヘルス不全に陥った場合は早めに病院を受診して専門医による診察を受けた方が良いです。

 

一度うつ病を発症すると中々治りにくく、最悪の場合は自殺願望を抱くこともあるので、医師の指示に従って適切な対処をして今の状態を改善できるように努力してみてください。