トップページ > 出向者は出向前の名刺と出向後の名刺のどちらを使うべき?

 

 

名刺がビジネスマンや社会人に必要な理由

ビジネスマンや社会人にとって、名刺は欠かせないアイテムです。

 

普通の大人であれば、1枚の名刺は欠かさずに持っていますよね。

 

なぜ名刺がビジネスマンや社会人にとって必要なのか、いくつかの理由を挙げてみました。

 

 

・自分が何者なのか、どんな仕事をしているのか証明できる

・メールアドレスや電話番号などの連絡先をサっと交換できる

・自分の顔を相手に覚えてもらってビジネスに活かせる

 

 

会社員にしても個人事業主にしても、ビジネスで初対面の相手に名刺を配るのは普通です。

 

自分が何者なのか証明したり連絡先を教えたりするに当たって、名刺は絶対に欠かせません。

 

1枚の名刺を持っていないだけで、「この人は非常識なのでは?」と思われる可能性も十分にありますので、ビジネスマンや社会人は忘れずに用意しておく必要があります。

 

出向者は出向前の名刺と出向後の名刺のどちらを使うべきなの?

上司や会社から出向を命じられると、別の職場で働く形になります。

 

会社名も所属部署も変わりますので、「今までの名刺はどうするの?」「出向前の名刺と出向後の名刺のどちらを使えば良いの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

 

本来であれば、出向規定の中でどのように名刺を作成して利用するのか契約で決まる形になります。

 

出向元会社と出向先会社での契約はもちろんのこと、出向者に対する規定も一緒ですね。

 

その規定の中に、「出向先の名刺を使う」「親会社から子会社への出向だから今までの名刺を使う」と決められています。

 

原則的には出向前ではなく出向先の会社の名刺を新たに作成して使うケースが多く、その理由をいくつか見ていきましょう。

 

 

・出向者は所属部署や肩書きなどの情報が変わるケースが多い

・会社の電話番号や住所が変わったらそのまま使えない

・既に出向先で決められた名刺のデザインテンプレートを使わなければならないと決められているケースも多い

 

 

出向前と出向先の会社名が全く違うのにも関わらず、今までの名刺を使っていても意味がありません。

 

個人の名前や連絡先は一緒でも、「あれ?○○○の会社に勤めているんじゃないですか?」と名刺を渡された相手は疑問を抱えます。

 

相手がこんがらがってしまうのを防ぐためにも、出向先で働く時は新しい名刺を用意しましょう。

 

もちろん、会社によって「○○○の名刺を使う」と規定がありますので、どの名刺を使って営業すれば良いのか上司や担当者に伺ってみてください。

 

自分で名刺を作成して良いならVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!

会社勤めのサラリーマンでも、自分で名刺を作成するケースは少なからずあります。

 

小さな会社であればロゴマークやオリジナルテンプレートを使っていないことが多く、社員が自分のイメージに合わせた名刺を持ってビジネスに活かせるわけです。

 

この点に関しては出向者も一緒ですので、自分で出向先の会社の名刺を作成したいのであればネット通販のVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

 

Illustrator(イラストレーター)などのソフトを使って自分で名刺を作成する方法には、次のデメリットがありますので注意しないといけません。

 

 

・自分がイメージしている理想のデザインに仕上げられない

・名刺データを印刷するプリンタや用紙が必要

・印刷のズレやインクの漏れなどのトラブルが起こりやすい

 

 

「中々キレイなデザインの名刺に仕上がらない」と悩む方が多いため、専門の印刷会社のVistaprint(ビスタプリント)を利用した方が良いわけです。

 

Vistaprint(ビスタプリント)では、相手の記憶に残るプレミアム名刺100枚が980円と格安の料金設定になっています。

 

印刷のクオリティも非常に高いネット通販のサービスですので、出向者はVistaprint(ビスタプリント)で名刺を作成してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら