トップページ > 出向を断る

 

 

出向を断ることはできるの?

「出向を断ることはできるの?」という疑問を持っている労働者の方はいらっしゃると思われますが、それは出向の種類によって決まります。

 

今在籍している会社との労働契約を解除して、新しい会社に転職をする転籍出向であれば断ることは可能です。

 

これは辞職して再就職という形となるので、会社の業務命令によって本人の同意なしに命じることはできなくなっております。

 

仮に、その会社で過去に転籍出向をさせた実績や、業務上必要であると判断された場合であっても、個人の同意がなければ転籍出向の命令は無効となるので、断ることができるのです。

 

出向に関しての知識がないと、上司の命令をそのまま聞き入れてしまうかもしれませんが、転籍出向は断ることができるということを、しっかりと頭に入れておきましょう。

 

ただし、元の会社と労働契約を維持したまま他の会社で業務を行う在籍出向の場合は、基本的に断ることはできません。

 

これは業務命令の一環であるので、それを断るということは業務を妨害する行為に当たるので、断ったということでリストラされたり、懲戒処分となる可能性は十分にあります。

 

しかし、在籍出向を命じる場合は、就業規則で出向に関する規定が記載されていることが前提です。

 

過去に出向させたという実績がなかったり、就業規則に記載されておらず、従業員が出向に関して周知していなかったのであれば、断ることはできます。

 

とは言っても、在籍出向はグループ会社への出向の場合があり、このようなケースは転勤と同様の扱いをされることがあるので、明確な同意は必要ないという判例があります。

 

全ては、労働者と会社との間で交わされている就業規則が全てですので、今働いている会社が出向に関してどのような考え方をしているのか、チェックしてみた方が良いかもしれません。

 

しかし、転籍出向を断るのは労働者の権利であると言われておりますが、断ったことによってリストラとなった方がいらっしゃいます。

 

もちろん、労働者に断る権利はあるのですが、権利があっても今の日本では上下関係が厳しく、権力の前では個人は歯が立たないのです。

 

以上のように、出向を断ることができるのかという疑問に関しては、ケースバイケースですので、状況を把握せずに結論を出すのは不可能ですが、就業規則に出向に関しての記載があれば断るのは難しいので気をつけてください。

 

出向を断ることで、自己都合の退職という選択肢しか残されないというは十分にあり得るのです。