トップページ > 海外に出向する前に行いたい準備

 

 

海外に出向する前に行いたい準備をまとめてみた

海外への出向が決まり、「どのような準備をすれば良いの?」と悩んでいるビジネスマンは少なくありません。確かに、日本国内の移動であれば大変ではありませんが、海外への赴任や出向となるとガラリと生活が変わります。今までとは大きく環境が変わりますので、失敗しないためにも念入りな準備が必要ですね。以下では海外への出向が決まってから行いたい準備を詳しく説明していますので、期間が迫って焦らないように早めに行動を起こしましょう。

 

海外の住居を探して引っ越しの手続きをする

海外への出向や赴任が決まったら、まず最初に向こうでの住居を探さないといけません。現地の土地勘を把握するのは皆さんが想像する以上に難しく、最も苦労するタスクだと言われています。引っ越し先を決めてから失敗したと嘆く方は多いので、どのような方法で海外の住居を探せば良いのかまとめてみました。

 

 

・日本人が経営している現地不動産会社に問い合わせて相談する

・一時的にホテル等に仮住まいしてゆっくりと住居を考える

 

 

何も考えずに住居を決めると、「治安が悪かった」「想像以上に汚かった」「水回りが整っていなかった」といった失敗に繋がります。そのため、日本人が在籍している不動産会社に連絡したり、現地で見極めたりした後に引っ越し先を決めた方が良いですよ。引っ越しの準備も日本国内とは訳が違いますので、長時間の輸送となる荷造りは特に慎重に行いましょう。

 

出向先の情報を収集する

海外に出向する前に、できる限り現地の情報収集を行うべきです。不慣れな現地での生活をスムーズにスタートさせるには、情報が最も大事だと言っても過言ではありません。具体的にどのような情報を集めれば良いのか目安を幾つか挙げてみました。

 

 

・出向国勤務地周辺や住居予定地周辺の地図の入手

・住まいの最寄りのホテルや郵便局、薬局やスーパーなど

・出向地域の治安や政情、宗教に関する情報

・出向地域行政府が定める生活に関わる法令や条例

 

 

自宅の最寄りの環境に関しては、引っ越し先を決める前にきちんとチェックしておくのがポイントです。

 

行政や保険に関する手続きを済ませる

日本から海外に出向する時は、行政や保険に関する手続きを忘れずに行わないといけません。一定期間に渡って海外に出向する場合は、数日間の海外旅行とは別の準備が必要です。現地に行ってからできる手続きも中にはありますが、大まかにやるべき内容を見ていきましょう。

 

 

・出向先の現地通貨キャッシュへの両替

・必要書類を作成してビザを取得する

・日本での行政手続きで海外転出届を提出する

・クレジットカード(インターナショナル)を用意する

・定期積立や各種口座振替の停止手続き

・証券会社口座の解約や株式の売却

・インターネットプロバイダやケーブルテレビの解約

・ガスや電気など公共機関の手続き

 

 

解約手続きや停止手続きは意外と見落としやすいポイントですので、何をすれば良いのかチェックリストを作って漏れがないようにしてください。

 

会社側と一緒に進める準備

海外への出向では現地での生活で自分が事前に行わないといけない準備と、会社側と一緒に進める準備の2種類に大きく分けられます。後者に関しては自分で把握しきれない部分もありますので、事前に上司に伺っておいた方が良いでしょう。具体的に会社側と相談したり確認したりしながら進める準備を以下では幾つか挙げてみました。

 

 

・赴任国の労働ビザ取得

・社宅等の契約

・厚生年金の解約手続き

・健康保険の解約

・各種保険加入手続き

・国内業務の引継ぎ

 

 

「自分は出向して別の会社で働く形となるから、自分が去った後にどうなっても構わない」という考え方は良くありません。ビジネスでは自分がいなくなった後の引き継ぎ業務も大事な仕事の一つですので、上司や部下など会社の人間としっかりコミュニケーションを取りましょう。