トップページ > 重複出向とは

 

 

重複出向とは何?

重複出向とは、出向元から出向先へと社員を派遣させ、その会社からまた別の会社へと出向させることを指します。

 

重複出向ではなく二重出向とも呼ばれており、これが法律で認められているのかどうか疑問を抱えている方は多いかもしれません。

 

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、「A社に在籍している社員」⇒「B社に出向させる」⇒「B社で一定期間に渡って働く」⇒「期限が残っている状態でC社へと出向させる」という流れになります。

 

これは特に法律で禁じられているわけではなく、重複出向や再出向の規制はなされていないのが現状です。

 

しかし、下記のような理由で社会通念上認められないと考えられています。

 

 

・社員の出向に関しては出向契約書や出向規程で適切に管理されていなければならない

・労働契約の権利義務が重複して存在しているわけではない

・労働契約上の地位変更を命ずる義務は出向元との間だけに存在している

・事業主が自由に出向の権利を使って社員へと行使できるわけではない

・業務上で再出向を命ずる場合は一度出向元へと復帰させた後に行わなければならない

 

 

上記のような規定がなされており、重複出向ができない大きな理由となっています。

 

それに、元々在籍していたA社とC社とでは社風や職務事情なども当然のように変わりますし、労働者が混乱してしまうかもしれません。

 

更に出向させたC社とトラブルが引き起こされる確率も高くなりますし、「自分はどの会社にも必要ない人間なのではないか・・・」と労働者の意欲が低下する原因にもなるのです。

 

「A社」⇒「B社」⇒「C社」⇒「D社」と転々とすれば、確実にモチベーションは低下しやすくなります。

 

自分の意思でA社を辞めて転職活動を行い、B社へと入社して一定期間に渡って働き、また辞めてC社へと転職するのならば自己責任なので、どんどん働きづらくなっても仕方がないでしょう。

 

その点、在籍出向ならばA社から転職して別の会社へと移動するわけではありませんし、労働者を守るためにも重複出向が良くないと考えられている理由に関してはお分かり頂けるはずです。

 

とは言え、出向に関する規定は会社によって異なるため、自分の働いている会社がどのような決まりになっているのか確かめておいた方が良いかもしれません。

 

出向が一切ない会社は少ないですし、離職させずに雇用機会を確保したり職業能力開発の一環として行ったりというのが出向の目的なので、その点の理解を深めておいてください。