トップページ > 出向のイメージ

 

 

出向のイメージについて

出向はマイナスイメージがあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

このように感じている方が多いのは、出向を左遷であると思っている方が多いからです。

 

左遷はサラリーマンとして屈辱であると言われており、何か不祥事を起こしたり営業成績が悪いという理由で、第一線から外されてしまうことを指します。

 

以前は左遷のことを窓際族という表現をしており、ろくな仕事をさせてもらえない日々が続き、住む環境や環境が大きく変わってしまうのです。

 

このような左遷と勘違いしている方は、出向のイメージが悪くなるのは当然かもしれません。

 

しかし、出向と一口に言っても色々なタイプがあり、不名誉というわけではなく、出向先でしか学べないような経験をできる場合もあるので、自分のスキルアップに繋がります。

 

そのため、出向を命じられたからといって、ショックを受ける必要はないのです。

 

多くの方がマイナスイメージを抱いている出向は、「雇用調整型」の出向で、これはリストラの一環として整理解雇を回避するための手段の一つとして用いられております。

 

現在の会社の余剰社員を子会社に出向させたり、関連会社に出向させたりするのが典型的な例です。

 

基本的には出向元への復帰が予定されていない転籍出向が多くなっております。

 

このような理由での出向は確かにイメージが悪いかもしれませんが、「人材援助型」の出向は、出向元と出向先の業務提携に伴って発生します。

 

経営指導や技術指導のために出向させられるケースですので、マイナスイメージは全くないでしょう。

 

また、「人材育成型」の出向もあります。若手の能力育成のために、関連分野の企業に出向させることが多く、新しい会社では現在の会社では得られないノウハウを学べるので、スキルアップに繋がるというわけです。

 

さらに、「中高年処遇型」の出向もあります。これは中高年の労働者を処遇する方法を出向元では上手く見出せないために、子会社の管理職に出向させて現会社で得たスキルを利用して生かしてもらうことを目的として命じられるのです。

 

子会社への出向となるものの、役職が上がる場合もあるので、必ずしもマイナスイメージであるというわけではありません。

 

このように、一口に出向と言っても色々なタイプがあるので、「出向=不名誉」というわけではないことを、しっかりと頭に入れておいてください。

 

特に若手の出向は、会社から期待されていることが多くなっております。