トップページ > 出向は違法なの?

 

 

出向は違法なの?

出向は違法というわけではありませんし、サラリーマンならば誰でも上司から出向を命じられる可能性があります。

 

それが新人の教育のためなのか、リストラの一環なのかは人によって大きく異なるものの、出向自体に違法性は全くないのです。

 

出向元との契約を結んだまま出向先へと出向く場合、よほどのことがなければ断ることはできず、出向が嫌だとしても業務命令なので仕方ありません。

 

転勤するのを嫌がるのと、出向を嫌がるのとは全く一緒ですし、業務命令の一種だときちんと心得ておくべきです。

 

しかし、通常の出向はどの企業でも当たり前のように行われていることですが、二重派遣は違法と捉えられる場合があります。

 

A社がB社に社員を出向させ、その契約が満了していないのにも関わらず、B社がC社へと同じ社員を出向させれば問題が生じるはずです。

 

出向に関する取り決めは企業間で行われる形となり、全て書類を作らなければならないので、今一度確認しておいた方が良いでしょう。

 

これは出向を命じる会社側だけではなく、出向を命じられた社員にも該当する話で、「いつ頃戻れるのだろうか?」「どのような契約内容になっているのかだろうか?」といった点を確認しなければならないのです。

 

後々にトラブルを引き起こさないためにも、上司に相談して自分の置かれている立場を再確認する必要があります。

 

ただし、二重派遣と再出向とでは大きく異なるので、その点に関する理解をきちんと深めておかなければなりません。

 

二重派遣の場合は職業安定法で禁止されているので違法に当たりますが、出向は二重の労働契約関係にあるとされております。

 

つまり、労働者と派遣先との間に労働契約関係がない派遣とは大きく異なり、出向先が出向社員を別の場所に新たに出向させたとしても二重派遣には該当しないのです。

 

では、なぜ上記で問題が生じる可能性があると説明したかと言うと、それは一口に出向と言っても、出向元の身分を残したまま別の会社で働く在籍出向と、出向元の会社との労働契約を解除する転籍出向の2種類に分けられるからです。

 

もし、転籍出向で別の会社に社員を出向させるのならば、出向元とは既に労働契約が交わされていない状態なので、新たに別の出向先に出向させることはできます。

 

一方で、在籍出向の場合は出向元との契約が残っている状態で、そこから新たに別の場所へと出向させれば訳の分からない状態になるので十分に注意してください。