トップページ > 出向と派遣

 

 

出向と派遣の違いについて

出向と派遣を混ぜて考えている方が多くいらっしゃいますが、実は全くの別物です。

 

出向の場合は、出向先に労働契約や指導命令関係の一部が移転するのに対して、派遣は労働契約は派遣先に移転しないという特徴があります。

 

指揮命令権が派遣先に移動するというポイントでは一緒なのですが、労働契約が移転するかどうかが異なると言えるのです。

 

とは言っても、出向には在籍出向と転籍出向とがあり、在籍出向は出向元と出向先の双方と労働契約を結び、出向先が一部の人事権を得るような状態を指します。

 

人事権を得るといっても、その従業員を解雇させたり転職させるといった権限は、出向元の企業にあるのです。

 

一方で転籍出向とは、出向元との労働契約を全て終了し、出向先の企業とのみ契約を行います。

 

つまり、労働契約の全てが移転するのか、一部が移転するのかという点が区別のポイントであると言えるでしょう。

 

そのため、完全に出向と派遣に違いがあると言い切ることはできないかもしれません。

 

しかし、派遣の場合は、労働契約が全く移転しないので、これが出向との大きな違いであると説明できます。

 

出向と派遣による違法行為について

職業安定法違反として問われるケースが非常に多いのが、偽装出向です。

 

これは、実態は派遣であるのに対して、書類上は出向としておく行為を指します。

 

出向であれば派遣法の適用を受けないため、人選を自由に行えますし、原則として最長で3年であるものの、受け入れ期間の制限はありません。

 

そのため、出向と偽装することによって、受け入れ側にとって非常に都合が良いのです。

 

出向・派遣・請負の違いについて

上記で出向と派遣の違いについて説明したのでお分かり頂けたと思われますが、今度は請負との違いを説明していきます。

 

請負とは、自己の責任のもとに雇用している労働者を直接指揮して、仕事の完成にあてることを指します。

 

つまり、請負業者が責任を持って仕事に必要な資金を集めて機械や設備を整え、その企画や技術を要して仕事の完成にあたる形態のことです。

 

小規模自営業者の業務委託やアウトソーシングが請負であると言えます。

 

派遣と大きく変わらないということから、派遣か請負か判断することは、決して容易ではありません。

 

そこで、この判断を明確に行えるようにするために、労働省によって「労働者派遣事業と請負によって行われている事業を区分けする際の基準」が定められているのです。

 

出向と請負に関しては、大きな違いがあるのでお分かりかと思われます。