トップページ > 銀行員の出向

 

 

銀行員の出向について

銀行員の多くは、50代近くになり何も役職がついていないような方は、取り引き会社に出向しなければならないと言われております。

 

役職についていない半分以上の方は出向になり、50代ではなくとも40代で出向させられることもあるのです。

 

出向させる理由の一つが人件費の削減で、人によっては出向しても給料が変わらない場合がありますが、多くの方が減棒となります。

 

出向元と出向先とでの負担は半々で、転籍出向になれば出向元との雇用関係はなくなるので、完全に出向先の会社のものとなるでしょう。

 

このような現状によって、銀行員の多くは定年まではいられなくなっております。

 

仮に転籍出向ではなくても、基本的には出向の人が元の銀行に戻るケースは非常に少ないのです。

 

このように、銀行に勤めている方の銀行員人生は、非常に少ないと言っても過言ではありません。

 

銀行員の出向には2種類あり、その一つが業務出向です。

 

これは、業績の悪い会社に入って、立て直すことが目的で行われております。

 

業務出向の場合、あくまでも所属は銀行であり、その会社の利益を上げるために動くだけではなく、銀行の利益代表として動く必要があるのです。

 

業務出向はこれ以外にも、関連会社への出向があります。若いうちから関連会社へ出向となる場合は、戦略的に作った関連会社を自分の銀行の下に置いて運営を行うという目論見があるため、銀行員を出向させるのです。

 

以上のような業務出向は皆さんがイメージしているような出向とは違って、一定期間が経過すれば元の銀行に戻ることが多いので、出世のためのステップアップであると考えることができるのではないでしょうか。

 

銀行員のもう一つの出向は斡旋出向と呼ばれ、出向してから1年ほどが経過すると転籍となって、銀行は退職しなければなりません。

 

そして、新しい会社に転職するという形になります。これが先ほど説明した50代の方への出向であるというわけです。

 

斡旋出向の傾向は最近になって早くなっており、40代で斡旋出向となることも決して珍しくはありません。

 

とは言っても、65歳ぐらいまでは銀行は職場を提供してくれます。

 

この斡旋出向において、転職先について本人の希望は聞いてもらえないことが多く、銀行が指示するようにしなければペナルティを受けることがあるので、注意が必要です。

 

以上のような現状があるため、銀行員でいられる人生は短いと言われているのです。