トップページ > エンジニアの出向

 

 

エンジニアの出向について

エンジニアとは主に工学(エンジニアリング)分野の専門的な技術を持った人のことを指し、SE(システムエンジニア)とも呼ばれております。

 

コンピュータを動かすためのプログラムとハードウェアなどを組み合わせ、システム設計をする仕事に就いている人全般を指すのです。

 

ネットワークの設計や構築を行ったり、運用に関わったりとその種類は異なるものの、エンジニアは出向することがないと考えている方がいらっしゃいます。

 

確かに、IT業界で社員が他社へと出向するケースは少なく、他のサラリーマンと比べれば少ないのは紛れもない事実です。

 

しかし、ネットワークに限らず、中小企業の正社員が大企業(ベンダ-)に出向することがあるので注意しなければなりません。

 

ベンダーの代表例としては、メーカー系であれば富士通・日立・cisco・NEC、ユーザー系であればNTTデータ・伊藤忠テクノソリューションズ・SCSKが挙げられます。

 

新卒でこれらのIT業界を志望するのであれば、かなりの高学歴や技術を持っていなければ難しいと説明できます。

 

とは言え、エンジニアであれば中小企業に入社してから、これらの大企業に出向して働く機会があるかもしれないのです。

 

大企業に出向して働くのは個人にとって良い経験となりますし、スキルアップに繋がるのではないでしょうか。

 

多くの方は出向と聞くとリストラの一環なのではないかと考えるかもしれませんが、このように社員のレベルアップを図って出向させるケースがあります。

 

そのため、上司に出向を命じられたからといって、自分の実力が認められていないわけではないのです。

 

ただし、派遣先の大企業は派遣社員を見下し、こき使うようなブラック企業が存在し、実際に不遇な扱いを受けたエンジニアの方はいらっしゃいます。

 

IT業界は総じて残業時間が長い傾向があり、人間関係も好ましくないことが多く、辛いと感じるエンジニアの方はいらっしゃるかもしれません。

 

出向先でいつまで働くのかは出向元との話し合いで決まるため、どのくらいの期間に渡って出向すれば良いのか上司に尋ねてみるべきです。

 

出向先から酷い待遇を受けているのにも関わらず、辞められないのは辛いことですし、早く元の会社に戻りたいと考えるのは普通なので、そのようなエンジニアの方は早めに相談しましょう。

 

直ぐに諦めるのは何事に関しても良くありませんが、ストレスを溜め込んで身を滅ぼしては全く意味がないと心得ておくべきです。