トップページ > 出向のデメリット

 

 

出向のデメリットについて

出向によるデメリットもメリットと同じように、それぞれの立場によって全く違います。

 

出向元のデメリットであることが、出向社員にとってはメリットとなることも十分に考えられるのです。

 

それに色々な条件が重なって考えることになるので、一概に説明できるというわけではありません。

 

そこで、ここでは一般論的なデメリットについて詳しく記載していきたいと思います。

 

それぞれの立場でどのようなことがデメリットになるのか、チェックしてみてください。

 

出向元のデメリット

出向社員を出向先に送ることでの、出向元のデメリットは特にないと説明できます。

 

メリットの方が大きいからこそ、自社の社員を他の会社へと出向させるのです。

 

強いてあげるとすれば、技術指導のために優秀な社員を出向させることによって、自社の業績が下がってしまうということです。

 

もちろん、一人や二人いなくなったくらいで業績が下がるような会社が、社員を出向させることは非常に稀となっております。

 

つまり、ある程度業績が安定している企業が、出向させるという形態が多いのです。

 

ただし、経営不振によって人件費を削減しなければならず、その手段の一つとして中高年社員をリストラの一環で出向させることは十分にあり得ます。

 

出向先のデメリット

出向先のデメリットとしては、自社の社員ではないために、安定した働き手とならないことが挙げられます。

 

転籍出向であれば、その従業員は出向先で抱えるべき人材となりますが、在籍出向の場合は取り決めによって一定期間が経過したら、その従業員は出向元に戻らなければなりません。

 

また、出向期間中であったとしても、出向元の会社が従業員を途中で呼び戻すということも可能です。

 

このように、自分の会社に属している社員ではないために、戦力の一人として数えてよいものか分からなくなります。

 

また、受け入れた人材に対して、それなりのポストを用意して、見合った給料を支払わなければならないというデメリットがあるのです。

 

出向社員に対する給与の支払いは取り決めによりますが、多くの場合は実際に働いている出向先で支払われる仕組みとなっております。

 

出向社員のデメリット

出向社員のデメリットとしては、予想よりも大きく労働形態が変わる可能性があるということです。

 

労働者にとって大きく不利益となる場合は、出向を断ることができるのですが、断りきれずに出向することになったという方はいらっしゃるかもしれません。

 

そのような方は、出向元で得ていた給料よりも、大幅に下がることが考えられます。

 

在籍出向であれば、出向元の企業から補てん金が出るかもしれませんが、転籍出向の場合はそうもいかないのです。