トップページ > 出向の挨拶

 

 

出向先への挨拶について

新しい出向先に対して挨拶をするのが一般的だと思われますが、どのような挨拶をすれば良いのか分からないという方がいらっしゃるかもしれません。

 

そのような場合は、「○○から赴任してまいりました○○と申します」と初めの挨拶をして、出向元の会社でどのような仕事を行ってきたのか話せば全く問題はないでしょう。

 

そして、今後の抱負や新しい仕事に慣れたいという意志を伝えるのが良いと思われます。

 

最後に、「ご指導の程宜しくお願い致します」という言葉を添えた方が良いです。

 

月並みな挨拶であると思う方がいらっしゃるかもしれませんが、特に変わったことを告げる必要性はありません。

 

出向挨拶状について

出向挨拶状とは、出向が決まったということを今までの企業でお世話になった方に伝える挨拶状のことを指します。

 

上司だけではなく、お世話になった取り引き先にお礼の気持ちを伝えて、出向先の新しい住所を知らせるという目的もあるのです。

 

たとえ、どんな理由で出向になったとしても、お世話になったことは事実ですので、出向挨拶状は欠かさずに出さなければなりません。

 

特に特別な内容を記載する必要はありませんが、今後の抱負やこれからも変わらずにお付き合いをお願いする文章が一般的となっております。

 

当たり障りのない内容で構わないので、なるべく出向後1ヶ月以内でハガキを送るようにしてください。

 

社会人としての常識でもあるので、怠らないようにしましょう。

 

出向の挨拶に対しての返事について

一般的に、新任地においての出向の挨拶状が届いたという場合は、返事や返信は必要ありません。

 

メールで送られてきたのであれば、軽く一文を添えて返事をするのは良いかもしれませんが、ハガキで届いたという場合は返事を出さなくても良いと思われます。

 

それは、出向の挨拶状を送った方は、返事を期待していないからです。

 

ほぼ業務連絡に近いものですので、このような連絡に対して返事をする方はいないと言えます。

 

もちろん、返事を送ってはならないということではないので、疎遠になっていた方からの連絡であれば、これを機に近況を知らせるというのは良いかもしれません。

 

しかし、それほど重要な関係でないのであれば、返事をしない方が良いです。

 

メールであったとしても、しつこい返信は迷惑となる場合があるので、送るとしたら簡潔に送りましょう。

 

ハガキで送られてきたという場合は、そこまで親しくないと想定できるので、返事はしなくても全く問題はないのです。