出向とは?

出向とは、とある企業に在籍している従業員が、雇用先の企業に在籍しているまま、他の企業で長期間に渡って仕事をすることを指します。

 

「在籍出向」「応援派遣」「長期出張」といったように呼ばれることもあります。

 

例えば、A社に在籍している社員がB社へと在籍出向する場合、A社を退職する必要はありません。

 

しかし、出向を断ることは余程の理由がない限り不可能で、出向を断ることで解雇となる場合もあるのです。

 

在籍出向の場合はA社で設定されている労働基準によって準拠することとなり、B社で指示された仕事内容をこなすという流れになります。

 

籍はA社にあるので、一定期間が経過したら元の会社に戻れることもあります。

 

そのため、仮にB社が潰れたとしても、A社に復帰することができるというわけです。

 

簡単に説明をすると、在籍出向の場合はA社の事業主とB社の事業主の両方との間に雇用契約関係があるような状態を指し、出向中は出向元を休職しているという扱いがなされます。

 

身分関係が元の事業主との関係で残っているというだけではなく、賃金の支払い義務に関しても同じことが言えるのです。

 

在籍出向とは異なり、移籍出向は出向先の事業主との間にのみ雇用契約関係があるような状態を指しております。

 

先ほどの例で説明をすると、A社との雇用契約関係はなく、B社のみとなってしまうのです。

 

移籍出向の場合は片道切符で、A社に戻ることはできません。

 

そのため、個人の同意を得ない限り、企業は勝手に移籍出向をさせることはできなくなっております。

 

つまり、A社を退職してB社に再就職をするという形になっていると説明できます。

 

そのため、労働条件や賃金条件などは、全てB社との間で結ばれるのです。

 

出向には色々な種類があり、従業員を育成するために、現在の企業で行っている事業に関連した企業に出向させるという場合や、提携先の企業に援助をするために出向させられるケースなどがあります。

 

また、リストラの一環として中高年者の解雇を回避する手段として用いられることもあるのです。

 

移籍出向の場合は断ることができますが、余剰員を子会社へ移動させる目的で行われることがあり、断れないような状況を作る企業はあるので、注意が必要であると言えます。

 

先ほども説明致しましたが、この場合は出向元企業に戻ることはできないのです。

 

以上のように、一口に出向と言っても、目的が違えば、出向による規定も異なっております。